どこに看板を設置するのか考えよう

看板の効果のイメージ写真

置く場所にあった看板にしよう

まず、看板を設置する場合に、 「ここに看板を置けば、どういった人が目にしてどういった効果を得られるのか?」を事前に考えて看板の大きさや伝えたい事を考えなくてはいけません。 今、あなたが看板を設置しようとしている場所は、どのような人の目につきやすいですか?

  1. 徒歩や自転車の交通量が多い場所ですか?
  2. 自動車の交通量が多い場所ですか?
  3. 大きな道路沿いですか?
  4. 駅やバスのターミナルなどの近くですか?

それぞれの状況によって、歩行者の目線に合わせた看板、自動車からでも確認できる目線の看板、遠くからでも確認できる看板、伝えたいことがすぐに分かる看板。とさまざまなタイプの看板を考えなければなりません。考えなければならない理由としては、看板を掲げるというのは、それなりの看板効果を得るために掲げるのだと思います。効果を得られない看板を掲げても何の意味もない大きな出費になってしまいますからね。十分な下調べをして、ある程度ターゲットを絞ってより良い効果を得られる看板を設置しましょう。 例えば、お店の前によくある黒板に可愛くメニューなどが書かれた看板は、歩行者向けの看板ですよね?ああいった看板に載せる内容というのは、お店の細かな情報(日替わりメニューやその日のイチ押しメニューなど)を多く載せて「読んでもらう」ということを目的とします。例えその場で来店してもらえなくても、少しでも興味を持ってもらい看板を読んでもらうことで、次の来店に繋がるかも知れないですし、頭の片隅にお店の存在が残ることになるでしょう。

自動車向けの看板であれば、運転中にジッと看板を見つめてもらうわけには行きません。パッと見るだけで理解してもらい、「ここにこんな店あるんや」と、覚えておいてもらうことを目的とします。 それにはゴチャゴチャした見にくいデザインよりも、シンプルで伝えたい部分は大きな文字でデザインして、お店の存在を訴えかけるデザインなどが効果的で、こういった看板は駅やバス停などから見える位置に設置したりすることでも、お店の存在を多くの人に知らせることに効果的であるといえるでしょう。 看板というのは、伝えたい対象によって変化させるものです。 万人に対して効果的な看板はなかなかありません。 効果的な看板の設置とは、見てくれる対象によってデザインや設置場所を考え、何をどう、誰に、伝えたいのか?を考えることから始まります。 看板を有効活用してくださいね。