工事看板の改正で利用者の知りたい情報を簡潔に

工事看板のイメージ写真

看板の改善で工事への理解を

道路工事をする際にやはり住民やその道路を利用する人からの不満や苦情が多く寄せられるそうです。 なので工事の看板の内容にも改善が求められています。 なぜ、その工事をしているのか。何を建てているのか。 いつまで、その工事をしているのか。 と言う不満の声が多いそうです。 なのでこのような声を改善するために、道路の利用者の立場に立つことが求められています。

なぜ工事をしているのか、何を建てているのか、いつまでしているのか等の声を無くすために、 道路利用者のためにわかりやすく説明し、道路工事に理解を示してもらおうと国土交通省は改善を進めています。 道路工事の看板も誰が、いつまで、何のためにと言う情報を一目見てわかるように看板を導入しています。 しっかりと情報提供をし、その情報をわかりやすく提示することで、道路の利用者や工事現場の近くの地域にも理解を求めています。

工事看板を改善した点について、前までは単に道路工事中と書いていたところを、「◯◯をなおしています」となぜその工事をしているのかと言う工事の目的と、以前はいつからいつまでと書かれていたところを、「平成◯年○月◯日まで」と工事期間の終了日のみを表示するようにしました。 利用者から多く寄せられる声から、利用者の知りたい情報を大きくわかりやすく表示するように改善したことから以前に比べとても見やすい看板になっています。

占用工事にもかかわらず、ただ「道路工事中」とだけ書かれている看板が多いのが現状でしたが、今回の改正に伴い「ガス工事中」、「電気工事中」など、占用工事と言うことを利用者がしっかりとわかるように表示することを徹底しています。 以前は複数の看板を並べて重複していたものを、一つにして利用者がパッと見て情報がわかりやすいように看板を置くような工夫もなされています。

今の工事の看板は「ご迷惑をおかけします」と挨拶文を入れ、何のための工事か、工事の期間、工事内容の説明、工事実施者や問合せ先の記載をし道路利用者に理解を求めています。