国道58号線はいい景色

自動車標識のイメージ写真

標識の前で記念撮影も

みなさんは、自動車の標識といわれてどんな標識が頭に浮かんだり、思い出したりしますか?? わたしは、真っ先に思い出すのは沖縄県の大動脈でもある国道58号線の標識 青い標識に58と書かれた標識を思い出します。 国道58号は、沖縄県のみに通る国道のイメージが非常に強いですが、実は鹿児島県鹿児島市から沖縄県那覇市へと続いている一般国道なのです。 鹿児島~沖縄とただ単に続いているだけではなく途中、種子島~奄美大島を通過して、沖縄本島に届く(一部区間、大宜味村の宮城島を通過します) 国道の中で、大部分を占めるのは海上区間となるのですが、その海上区間も含めた総距離としては日本最長の国道となります。 総距離は、約857km、陸上距離は約255.5km、海上距離は約600kmとなっています。

なぜ、この普通の国道の58号線なんの変哲もない標識を思い出すのかをお話しすると、今でもたまに見る沖縄家族旅行の写真に秘密があります。 沖縄に行かれた方は見たことあると思いますが、この58号線はロケーションが最高なことでも有名です。高速道路も走っているのですが、58号線を走るのとそれほど時間は変わりませんし、高速道路は山沿い、58号線は海沿いとなっていて、せっかく沖縄に来たならどちらを走るか考えずとも分かりますよね。 この58号線を走っていて、ふと目に付く58号線の標識なんですが、この設置されている場所が最高なんです。 海をバックに見晴らしの良い場所にスッと立っている58号線の標識。 たくさんの観光客の方々が車を停めて標識を写真に撮ったり、標識と一緒に写真を撮ったりしている光景を見かけます。この58号線の標識ですが、人気の理由は58号線の標識の下に地名を記す小さな標識が付いているんです。

ココが、人気の大きな理由でもあるんですよ。例えば、恋人と始めて訪れたのが、「恩納村」であれば、58号線・恩納村の標識前で記念撮影。 家族で美ら海水族館に来た思い出に 58号・名護の標識前で記念撮影。と その訪れた土地の名前も入れて写真に残すのが沖縄の旅の思い出作りの一つとして人気があるようです。

こういった標識前で記念撮影というのはなかなか珍しいことだと思うのですが、ゴッパチやゴーパチなどの愛称で呼ばれていたり、沖縄の人気4人組バンド「かりゆし58」の58は58号線から取られていたりと何か親しみを持ちやすい国道となっていることが要因でもあるでしょうね。