時代とともに姿を変える看板

看板の歴史写真

看板は奈良時代からあった!?

看板にはお店や会社などが商品や屋号をPRするという大切な役割があります。 商売に欠かすことができない看板…それはいつの時代から始まり、いったいどんな歴史をたどって今の看板の姿になったのでしょうか?

看板と同類のものが初めて日本に存在したのは、奈良時代の初期頃だと言われています。藤原京から平城京に遷都された710年、この時代の標牒(ひょうちょう)と呼ばれていたものが今の看板の原点です。それは、あきないをしているお店の「標(しるし)」としてつけられた「牒(ちょう)=文書、公的な物事を書き記した薄い木(竹)の札」のことです。 大宝律令(たいほうりつりょう)は、701年に制定された日本の律令ですが、それが修正されて833年にまとめられた養老令の注釈書「令義解(りょうのぎげ)」には「凡市毎律立標題行名」とありまして、これは、「凡(およ)そ市は肆(いちくら)毎に標を立て行名を題せ」と読み、「肆(店舗のこと)ごとに標を立てて、(行名=商品のこと)を示すこと」という意味で、看板をたてる義務がありました。 では、この時代の看板(まだ看板という名前は存在しませんが…)はどのようなものだったのでしょうか。 この頃は、一般的に文字がわかる人はほとんどのいなかったようですので、商品を絵で示しているもの、もしくは商品自体を掲げることが多かったといいます。

平安時代は暖簾(のれん)が使用され始め、鎌倉時代の終わり頃には、文字も理解する人多くなり、絵だけではなく文字で記された簡板(かんばん)という木の札が使われるようになりました。その後、室町時代からは簡板という言葉が定まり、桃山時代には屋号や商品名が暖簾に記して掲げられるようになったといいます。今の時代の看板の原点がこの時代に生まれたと言えるでしょう。 簡板(鑑板とつけられたこともありました)から看板という名前に移り変わってきたのは、安土桃山時代の終わり頃から江戸時代だといわれています。看せる板(みせるいた)という意味を持つ看板は、平城京の頃の標牒から簡板(鑑板)、そして、看板となって今に至ります。

明治時代までは、板か布で作ることに限られていた看板ですが、明治時代以降は産業や技術の発達により、看板の素材として使われるものが増え、さまざまなかたちの看板がみられるようになりました。 さて、時代とともにそのかたちを変えてきた看板の歴史はいかがだったでしょうか。 現代の街中には個性的でユーモアたっぷりの看板があふれていますね。 これも文化の発展のあらわれなのでしょう。